日本

母島北部の廃村と戦争遺構をたずねて

小笠原諸島4日目。父島に続き母島でも午前3時起きして星空観察。凄い数の星を見ることができましたが、カメラには映りませんね。現地に行った人の特権ということで。 2度寝して朝5:30起床。集落内を散策します。浜辺にはイソヒヨドリの姿が。初めて見たけど…

東京の最果てを感じる母島・都道最南端

民宿の方に送っていただき、やってきたのは都道最南端。ここぞ東京都の果てって感じ。ここから母島最南端まで遊歩道が延びています。 遊歩道といってもタコノキの密林が広がるジャングル。まあ乳房山のように草木をかき分ける場所はないけど。いずれにせよ熱…

絶滅危惧種ハハジマメグロに出会える母島・乳房山ハイキング

小笠原諸島3日目。朝7:30の船で父島から母島へとやってきました。今日は山道15キロ歩きの限界旅行。お昼過ぎまでに母島最高峰(460m)の乳房山に登り、それから母島最南端の南崎と小富士へ、そして帰りは歩いて集落に戻るという、泣く子も黙るようなそんな…

ザトウクジラが見えるホエールライナーこと「ははじま丸」で父島から母島へ

小笠原諸島3日目。今日はホエールライナーこと、伊豆諸島開発の「ははじま丸」で父島から母島へ向かいます。冬場は2時間の船旅の間、たくさんのクジラと遭遇するとのこと。期待が高まります。 母島は父島ではほぼ絶滅してしまったカタツムリや鳥が生息するな…

【父島を車で一周】旭山ハイキングのあと空港建設予定地へ

午後はレンタカーを借りて自転車では行けない山間部を訪れます。 まずやって来たのは父島北部の宮之浜。 透き通るボニンブルーの海には毎度ながら感動。なにこの透明感。 ここにも防空壕が残っていました。大蔵省の管理下だったの?? 奄美を越えた。日本で…

父島の集落散策で親子のクジラと遭遇!ウミガメの寿司も食す!

小笠原諸島2日目、午前中は父島・大村集落の近辺を散策します。 まずやって来たのは集落を見下ろす丘にある大神山神社。 神社の裏から大神山の展望台まで簡単に登ることができます。ここからの景色がまた最高!どうやったらこんな海の色になるの?? 山頂付近…

父島を自転車で南下!ボニンブルーの海に圧倒される小笠原の旅

東京から南へ遙か1000キロ。24時間の船旅の末に小笠原諸島の父島にやって来ました。この日の気温は3月上旬だというのに25度。 小笠原村は人口3000人ですが、そのほとんどが父島の大村地区に住んでいます。 ペリーも捕鯨の基地視察のために来航したそうです。…

南の果てのユートピア!東京から24時間船に揺られて小笠原諸島へ

サークルの離島好き仲間で小笠原諸島の父島と母島に行ってきました。小笠原って聞いたことあるけどどこ?って人のために地図を。父島列島・母島列島は東京から南へはるか1000キロの彼方にある小さな島々。小笠原村自体は南鳥島とか硫黄島とかも含むので最果…

【大雪の京都ローカルバスの旅】山奥に残る国鉄バスの駅舎も訪ねて

前回の続き、丹波高地の秘境路線バスを求めて雪の中を限界徒歩旅行中です。 茅葺きの立派な家が点在していました。あまり知られていないですが、京都の市内からちょっといけば、このような茅葺き集落がたくさんあります。もっとも最近は丹波高地の美山がそこ…

【京都バスローカル路線】大雪の花脊峠を越えて秘境の茅葺き集落へ

京都の北側、丹波高地にはバスオタ界隈で有名な狭隘路線がいくつかあります。ついこの間、大雪が降ったので雪見がてらバスに乗ることに。 乗車するのは京都バス広河原行き。京都の出町柳駅からほぼ福井県境まで2時間かけて走る山岳路線です。なんと終点には…

6E架装が現役!麗しき宮交バスの世界

宮崎にはめちゃくちゃ古いバスが走っており、バスオタの聖地と化しています。もはやバスの博物館か?ってレベルで。せっかく訪れたのでバス撮りしてみました。 日産ディーゼルの宮崎22か 818。県庁所在地の駅を出て5分で6Eと遭遇するのだからすごい。 続けて…

【春の南九州大横断⑥】深淵の奥底へ

鹿児島県の吉松駅に到着。ここから吉都線で都城まで行くのですが、例によって接続が最悪なので、当ブログお馴染み、一駅歩きを決行。 日本航空の本社でもありそうな名前の駅に到着。 実際には何にもないんですけどね。 車窓からは肥薩線と平行する道路の「肥…

肥薩線の山岳区間で『夏目友人帳』舞台訪問

2日間かけて人吉をじっくり見て回りました。続いては午後の列車で人吉から宮崎へと向かいます。なんでもこの先、肥薩線は1日3本。途中の大畑駅とかは夏目友人帳の聖地ですし、本当はもっとゆっくりと訪問したかったけど、仕方ありません。 ところで人吉駅の…

産交バスで『夏目友人帳』舞台訪問【相良村編】

夏目友人帳の舞台訪問の続き、人吉産交からバスで相良村へと向かいます。 アニメにも産交バスはよく出てくるのですが、もう大型車はあまり在籍していないよう。ちなみにバスは行きも帰りも貸し切りでした。大丈夫なのかな?この路線。 バスに揺られること40…

産交バスで『夏目友人帳』舞台訪問【人吉・湯前編】

球磨川沿いに『夏目友人帳』の舞台訪問中です。産交バスに乗り、終点の石水寺入口で下車。ちょうど人吉市と球磨村の境界で、小さなバスターミナルになっています。 バス停から徒歩数分で夏目友人帳の一大聖地である天狗橋にたどり着きます。 思わず「あっ」…

産交バスで『夏目友人帳』舞台訪問【球磨村の棚田】

この日は八代から人吉まで、球磨川沿いをのんびりと回りたいと思います。なんでもここら辺は6期までつづく人気アニメ『夏目友人帳』の舞台。もっとも自分は民俗学とか神社とか好きですし、聖地だけを巡るのではなく、アニメに出てきそうな雰囲気の場所も訪れ…

天草芦北と『放課後ていぼう日誌』舞台訪問

1月の試験前休みに熊本から宮崎にかけて旅行してきました。どんだけ余裕あんねんって感じですが、覚えるだけなら移動中だってできますし、なにより息抜きになるので。 というわけで産交バスの天下、熊本県からです。やってきたのは三角(みすみ)地方。 三…

『たまゆら』舞台訪問なので!忠海と大久野島

「たまゆら」でよく出てくる忠海まで竹原から電車で移動。まずは山登りからです。 というわけで、ちひろちゃん連れて登った展望台。ここまできてみんなで写真を撮るわけですが、今回はせっかくなので頂上まで登ってみます。 いや~瀬戸内ってやっぱりきれい…

『たまゆら』舞台訪問なので!竹原町並み保存地区

正直のところ女の子しか出てこないアニメはあまり見ないんですが、「たまゆら」っていうアニメはけっこう好きでして。知らない人からしたら、だからなんだよ!って感じなのでしょうが…しばしお付き合いください(笑) 主人公の楓は引っ込み思案な女の子。あ…

北九州と下関の近代建築をたずねて

北九州や下関は戦前から大陸航路の玄関口として、また筑豊炭田の近くという場所柄から工業地帯として栄えた場所でした。今でも貿易で繁栄した当時の建物が多く残っていると聞いたので、にわか近代建築マニアながら町歩きしてみました。 まずはじめは若松地区…

クジラと教会の島・上五島!異文化に触れた五島列島の旅

五島列島まで来てバスの撮影をしたり廃校の木造校舎をみたりなにしてんねん!って感じですが、まともな観光もしましたよ、比重はともかくとして。今回はバスとか廃校とかいうマニアックな要素を全部はぶいた健全な旅行記です…。 五島列島へは博多から野母商…

上五島の西肥バスとモノコックバスの廃車体

五島列島路線バスの旅で撮ったバスとバス停と廃バスの総まとめ編です。 上五島では青方の営業所を中心に西肥バスが島内を縦横無尽に走っています。 まあもっともほとんどが移籍車なんですけどね。こちらは川崎市交通局の三菱ふそう・エアロミディ。 奈良尾・…

五島列島で廃校の木造校舎をたずねて

小学校の木造校舎って意外と取り壊されてしまっていてあまり現存していないのですが、上五島には2校も残っているとのことで訪ねてみました。 まずやって来たのは荒川バス停。このすぐそばの「上荒川小学校」には保存状態のいい木造平屋の校舎が現存していま…

『マイマイ新子と千年の魔法』舞台訪問したっちゃ!

昭和30年の山口の片田舎を舞台にした片渕須直監督の映画『マイマイ新子と千年の魔法』の舞台訪問です。タイトルも山口弁っぽく(笑) 原作は芥川賞作家の高樹のぶ子の自伝。空想力豊かな少女・新子が親友・貴伊子とともに、かつて国府があった歴史ある町で、10…

日南線・末端駅訪問(大隅夏井・福島今町・串間・榎原)と日南線生みの親の豪邸へ

いよいよ台湾から始まる列島横断も終盤。今夜のフェリーで宮崎から神戸へと帰ります。 ダグリ岬国民宿舎の屋上から大隅夏井と福島高松の間を走る日南線が見えました。草に埋もれすぎ!こんな自然に溶け込んだ線路は見たことないぞw まあ撮ろうにも朝は逆光…

志布志から日南線の秘境・福島高松駅に行ったら想像を絶した話

日野 ブルーリボンです。なんか鹿児島ではよく見るな… 鹿屋から大隅線の廃線跡をひたすら東へ進み志布志にやって来ました。 志布志の名所と言えばこれ。志布志市志布志町志布志にある志布志市役所志布志支所。珍百景でも紹介されたのだとか。 ここから日南線…

鹿子島から垂水フェリーで鹿屋市へ・航空基地と国鉄大隅線の博物館

日野ブルーリボンで鹿児島駅へ向かいます。 薩摩藩の外国使節団の彫刻。さすがは島津のおひざもと鹿児島です。 大久保利通!奄美で散々西郷隆盛に染め上げられてきたので敵地上陸って感じ。 鉄道趣味はないのでよく分からないけど路面電車も古そう。 東急バ…

奄美大島から夜行フェリーで鹿児島へ!朝焼けの錦江湾

なんとか上手いことフェリーは出航してくれるようです。実に10日ぶりの奄美群島からの脱出。 無事券も発行でき、鹿児島行きのマルエフェリーに乗り込みました。 翌朝、遙か彼方に九州が見えてきました。 こちらは三島村の薩摩硫黄島と竹島。戦前、トカラ列島…

奄美 路線バスの旅③ 奄美の最北端!笠利崎灯台へ

喜界島で船が欠航したために思いがけず行くことになった奄美大島。4泊5日もしていましたが、ようやく夜には鹿児島行きの船が動くそう。朝起きると沖縄行きの船が無事入港していました。なんとか今日は島から出られそうだ・・・ せっかく奄美群島最南端の与論島…

奄美 路線バスの旅② 1日3本のバスで奄美大島の秘村・大和村へ

奄美大島4日目は、バスが1日に3本しか出ていない大和村へ行くことに。大和村というのはなんでも昔(恐らく平安時代)、中国に向かう日本(大和)の船がここを経由していたからだとか。 まずはじめは宮古崎へ行くはずだったのですが・・・ でっかいクモがいて中…