コースチャの部屋

東側ヲタク京大生によるロシア大好きブログ

梅雨のジメジメを吹き飛ばせ!おすすめのソ連音楽10選

f:id:Antonov-24:20190605181745j:plain:w500

関西もそろそろ梅雨入りです。「テストも近づいて来たというのに陰鬱な天気で勉強に身が入らない!」という大学生も多いのではないでしょうか。


そんな同志諸君に1発聴くだけでやる気が出るソ連音楽10選をご紹介します。実際に受験前、自分はソ連軍歌を聴いて士気を高めていました。同級生に聞くと、やっぱり息抜きで聴いていたというヤツが結構いるから、ソ連音楽の効果が抜群なのは間違いなさそうです。というわけで梅雨は明るく乗り越えましょう!


1)航空行進曲

www.youtube.com

ソ連が成立して間もない1923年に作られた空軍の公式軍歌です。祖国の発展への意気込みが込められた明るい歌詞と爽快な曲調が特徴的で、聴いているだけで元気が出ます。この歌は外国でも流行し、特にドイツでは親ソ派とナチスの突撃隊の2つのバージョンがつくられました。ちなみに日本語版もあります(笑)


2)艦隊への道

www.youtube.com

1970年に作られたソ連海軍の歌です。海の上での生活や友情を歌っています。1番は北極海艦隊、2番は極東艦隊、3番は黒海艦隊、4番はバルト海艦隊が舞台です。Россия широкая!さすがは広大なソビエト連邦です。


3)宇宙の征服者

www.youtube.com

タイトルから分かるとおり、ガガーリンの功績を称えた行進曲です。これは日本語版YouTubeには出ていないので知らない人も多いのではないでしょうか。


4)宇宙軍の行進曲

www.youtube.com

これも日本語訳が出ていないので殆どの人は知らないと思いますが、自分が一番大好きなソ連音楽です。絶対おすすめ。思わず歌いたくなります。ガガーリンスプートニク!って。訳してYouTubeに挙げようかな?


5)砲兵行進曲

www.youtube.com

これはソ連好きなら知っているはず。とっても有名です。対独戦勝記念パレードでも毎年流れますよね。おなじみの曲です。


6)最終電車

www.youtube.com

いままで軍歌が続きましたが、これはソ連歌謡です。ロシアでは電車はエレクトリーチカといいます。男女の恋愛を歌っており、あまりソ連っぽくないかも?ロシア語は流れるような言葉なので、とっても耳障りがいいです。


7)モスクワ防衛軍の歌

www.youtube.com

ファシストから首都モスクワを守ろうという兵士の力強い意思が伝わってきます。もう我らは進むしかない!後退はできない!


8)そして戦いは続く

www.youtube.com

革命を貫徹させようという熱意が伝わってきます。女性の歌声も素晴らしい。


9)さようならモスクワ

www.youtube.com

モスクワオリンピックの閉会式のテーマ曲。あの有名な熊のミーシャが泣くシーンで流れた曲です。(ボイコットした西側への抗議と言われています)じつはこれとは別に開会式用の威勢のいい音楽をソ連はつくったのですが、それよりもこっちの曲の方がはやってしまいました。


ちなみにソチオリンピックの熊は大人になったミーシャが帰ってきたのでは?と言われています。というのも、この曲で「また会いましょう」と歌われているからです。


10)祖国は我らのために(ソ連国歌)

www.youtube.com

有名すぎでしょ。ここからソ連音楽の虜になった人も多いはず。自分もそうです。とりわけこの動画は素晴らしい。ソ連を体現しているようです。因みにソ連崩壊間近のころ、この歌のPOP版が出ました。これは知らない人も多いのでは?日本で「君が代」の替え歌なんかつくったら顰蹙を買いますよね。ソ連は案外自由な国なのです。


ソ連国歌POP版
www.youtube.com


以上、とっておきの「雨の日の楽しみ方」でした。