ジャンボフェリーとオレンジフェリーの違いを徹底比較!四国・岡山・広島から格安で関西へ

夜行フェリーのメリットは、寝ている間に目的地に移動できるため、時間とホテル代を節約できること。今回は四国と大阪・神戸を結ぶ夜行フェリーをご紹介します。

オレンジフェリー(東予港~大阪南港)

f:id:Antonov-24:20220103103325j:plain:w550
愛媛県東予港と大阪港を結ぶオレンジフェリー。新造船で全個室という次世代型フェリーです。ビジネス客や観光客、そして石鎚山などの登山客に多く利用されています。


航路と時刻

f:id:Antonov-24:20220103191510j:plain:w600


東予 大阪南港
上り 22:00 06:00(翌)
下り 06:00(翌) 22:00

(時刻は2021年1月現在。乗船は20:00より開始)


無料連絡バス

今治桟橋 今治駅 壬生川駅 東予
上り連絡 19:53 20:00 20:36 20:54
下り連絡 07:10 07:03 06:20


運賃

A期間 B期間 C期間
シングル 8,200 7,700 7,200
シングルDX 10,000 9,600 8,800
スイート 12,800 12,300 11,300
ロイヤル 17,900 17,400 15,900


A期間は年末年始や大型連休、B期間は金、土、祝日の前日など、C期間はそれ以外のことが多いようです。詳細は下記リンクの公式HPでご確認ください。学割は学生証を見せるだけでOK。2割引になります。


船内の様子

f:id:Antonov-24:20220103103350j:plain:w550
シングル個室はコンセント完備。部屋のカギは中からしか掛けられないので、風呂やレストランに行くときは、4階船内案内所横のセーフティボックスを利用してください。


f:id:Antonov-24:20220103103416j:plain:w550
風呂は乗船中いつでも利用できます。乗船後すぐや深夜は比較的空いているため、貸し切りのことも。湯船は2つあり、片方はジャグジーです。


f:id:Antonov-24:20220103103443j:plain:w550
f:id:Antonov-24:20220103103456j:plain:w550
ラウンジはまるでホテルのよう。


松山からオレンジフェリーに乗船するには?

f:id:Antonov-24:20220103103746j:plain:w550
道後温泉松山城がある愛媛県の県庁所在地、松山。ここから夜行フェリーの出る東予港まで有料・予約制の連絡バスがあります。運賃は大人1,250円、子供630円。

道後温泉 JR松山駅 松山市駅 東予
上り連絡 20:10 20:20 21:23
下り連絡 07:48 07:33 07:23 06:20

(松山連絡バスの予約はオレンジフェリー予約の際に電話でする必要があります。)


福山・尾道からオレンジフェリーに乗船するには?

f:id:Antonov-24:20211030175924j:plain:w550
尾道鞆の浦など瀬戸内海の中でも風光明媚な景色が広がることで有名な備後エリア。ここからオレンジフェリーを利用することも可能です。


f:id:Antonov-24:20220103103301j:plain:w550
利用するのは、中国バスなどが運行する高速バス「しまなみライナー」。広島県福山市愛媛県今治市を連絡します。途中、しまなみ海道から眺める瀬戸内海は絶景の連続!

福山駅 向東BS 因島大橋 瀬戸田PA 今治駅 今治桟橋
中国バス 17:05 17:32 17:39 17:52 18:29 18:35
瀬戸内バス 17:55 18:22 18:29 18:42 19:19 19:25


尾道からは路線バスで因島大橋バス停へお越し下さい。渡船で向島に渡って向東バス停まで歩くこともできなくはないです。個人的には尾道から船で生口島へ行って、そこから「しまなみライナー」に乗るのがオススメですが、瀬戸田PAがわかりにくい場所にあるので、あまりメジャーではないルートです。


また今治駅前はあまり飲食店がないため、夕食はお好み焼き屋などがある今治桟橋がお手頃です。今治から東予港へは連絡バスをご利用下さい。


新型コロナウイルスの影響で頻繁に減便が行われているため、最新の時刻はページ最下部の公式HPをご確認ください。また「しまなみライナー」は先着順のため、乗り切れないことがあります。到着時刻は道路状況にも左右されるため、お時間には余裕を持って計画をお立てください。


ジャンボフェリー深夜便(高松港神戸港

f:id:Antonov-24:20220103103730j:plain:w550
ジャンボフェリーは高松と小豆島、神戸を結ぶ老舗フェリー。船は平成初期のもので古いですが、安さが売り!ちなみに2023年に新造船になるそうです。


航路と時刻

f:id:Antonov-24:20220103193006j:plain:w600

高松港 神戸港
上り 01:00 05:15
下り 05:15 01:00


無料連絡バス

高松駅23:30、24:20出発


運賃と割引

深夜便は平日2,490円、土日ダイヤ2,990円
25歳以下は平日2,300円、土日ダイヤ2,800円


船内の様子

f:id:Antonov-24:20220103103652j:plain:w550
高松港の切符売り場


f:id:Antonov-24:20220103103705j:plain:w550
雑魚寝スペース。寝るだけなら十分。


f:id:Antonov-24:20220103103718j:plain:w550
夜間でも珍しく後方デッキを開放しています。


高知からジャンボフェリーを利用するには?

f:id:Antonov-24:20220103103735j:plain:w550
高知城や桂浜がある高知市、新鮮なカツオの朝市が有名な土佐久礼四万十川の清流が流れる四万十市、風光明媚な四国西部への玄関口である宿毛市から、特急「しまんと」とジャンボフェリーを組み合わせれば、時間を有効に観光できること間違いなし!

宿毛 中村 窪川 土佐久礼 高知 琴平 高松
しまんと10号 19:16 19:34 20:12 20:27 21:20 22:52 23:26
しまんと1号 10:04 09:27 09:11 08:20 06:40 06:04


時刻的には昔、京都から高知まで走っていた夜行列車「ムーンライト高知」の代替になりそうです。ちなみに大学生はJR四国の「学生トク割2枚回数券」を使えば、片道2770 円で高松~高知間の特急に乗車することができます。さすがJR四国!若者の味方です。

www.jr-eki.com


岡山からジャンボフェリーを利用するには?

f:id:Antonov-24:20220103103535j:plain:w550
岡山からはJR西日本/四国の快速マリンライナーが圧倒的に便利。特急並みのスピードで瀬戸大橋を颯爽と駆け抜けますが、普通乗車券で乗ることができます。

岡山 児島 坂出 高松
マリンライナー71号 22:45 23:10 23:26 23:40
マリンライナー6号 07:04 06:38 06:22 06:08


深夜の高松!フェリー出港までの過ごし方

f:id:Antonov-24:20220103103605j:plain:w550
高松の繁華街には夜8時にオープンし、深夜遅くまで営業する讃岐うどん屋が何軒もあります。サラリーマンが会社帰りにうどんをすすってから帰宅するという独自の文化が根付いている香川。地元の人に交じってうどん屋巡りをしながら乾杯するのも楽しい!


f:id:Antonov-24:20220103103615j:plain:w550
高松駅前の高松シンボルタワーは夜23時まで無料開放しています。エレベーターで最上階まで上がると、鬼ヶ島(女木島)や対岸の岡山の夜景を楽しむことができます。


最後に

上記の情報は2021年1月現在のものです。時刻や燃料調整金、運賃は頻繁に変動しますので、必ず旅行を計画の際は各交通機関の公式HPでご確認ください。トラブルが発生した場合、一切の責を負いかねますのでご了承下さい。


リンク

オレンジフェリー

ジャンボフェリー

しまなみライナー(中国バス)

JR四国


旅行記

antonov-24.hatenablog.com

antonov-24.hatenablog.com


四国方面も色々行っているのですが、旅行記はそのうち!